札幌債務整理相談センター費用の心配無用!相談のみOK!

受付時間:9:00〜18:00(時間外要相談)0120-050-316

リボ払いが返済不能の借金地獄に陥りやすい理由【買い物依存の人は要注意】

リボ払い

「ポイントももらえるから、リボ払いがお得!」

そんな広告を見たことはありませんか?

実は、リボ払いはとても危険な支払い方法なんです。

この記事では、借金地獄に陥らないための知識をお伝えさせていただきます。

正しい知識を身につけて、計画的な支払いができるように見ていきましょう。

ABOUT ーこの記事を書いた人ー

はら たかふみ
原 隆史

札幌債務整理相談センターのファイナンシャルプランナー。お金のプロとしてお客様に寄り添い、家計の見直しをアドバイスしている。

リボ払いと分割払いは別物

リボ払いと分割払いは別物

リボ払いとは、「リボルビング払い」の略で、実は分割払いとは別物です。まずは分割払いとの違いを解説させていただきます。

リボ払い

リボ払いは「支払い額をほぼ固定」にして支払いをする方法です。リボ払いの方式は3種類あり、変動する額が変わります。月々の支払額は少ないとしても手数料が発生し続けるので非常に危険な支払い方法です。

分割払い

分割払いは「回数を固定」して支払いをする方法です。回数が決まっているため、支払いが終わる時期が明確で計画が立てやすい支払い方法です。しかし、分割手数料が発生する点には注意が必要になります。

リボ払いの3つの方式と危険性

リボ払いの3つの方式と危険性

大前提として、リボ払いは手数料(≒利息)が発生するため、借金と変わらないということを念頭に置いてください。

残高スライド方式」と「定額方式」、「定率方式」の3種類があり、クレジットカードにより設定されています。ここでは、それぞれの支払い方式の特徴と危険性について解説させていただきたいと思います。

残高スライド方式

その名の通り、支払残高のレベルによって支払額がスライドしていく方式です。指定された残高を超えると、支払う金額が増えます。

この「指定された額」は、クレジットカード会社によって様々なので、ご自分のクレジット会社のHPで調べてみてください。他の方式に比べて管理はしやすいですが、負担が増えるため生活が苦しくなる危険があります。

定額方式

定額方式は、支払残高が増えても支払う金額は一定のままになる方式です。金額が変動しない分、現実から目を逸らしやすく、また金額は変わらないものの期間が延びることから手数料がかさむことから、最も危険な支払い方式です。

定率方式

定率方式は、上記二つの方式の中間にあるような支払い方式です。現在の利用残高に対し、一定の割合で金額を払っていくことになります。

支払う金額が変動することで、しっかり払っている感覚に陥りますが、実は半分以上が手数料だったということもあり、2番目に注意が必要な支払い方式です。

そもそもなぜリボ払いが推奨されているのか?

そもそもなぜリボ払いが推奨されているのか?

端的に言うと、クレジットカード会社が儲かるからです。手数料がかかりますが、実際目に見えづらく利用者が状況を把握し辛いため、知識を持っていない人はリボ地獄に陥る可能性があります。

手数料

多くのクレジットカード会社は、リボ払いの手数料を「15%」と設定しています。これは恐ろしいほどの利息なのですが、イメージが付き辛いと思うので、実際に数値化してみましょう。

元金手数料毎月1万円払い続けた時の手数料
10万円1.5万円7,504円
30万円4.5万円7万8,372円

一番右の手数料は、毎月1万円とした時の手数料です。これが毎月5000円だと、手数料は倍以上に膨れ上がります。借金や、奨学金を借りたことがある方ならイメージしやすいかと思いますが、残金と利息の管理が難しいです。

リボ払いに頼り始めたら赤信号

今まで、リボ払いを行わない方がいい理由をお話しましたが、思わぬ出費がかさみリボ払いに頼らざるをえない状況になることもあります。しかし、先ほどまでお話した危険性を理解していただける方なら、リボ払いは赤信号であることがわかると思います。

リボ払いを利用する際は、支払い終わりまでの手数料期間を明確にしてから利用するようにしましょう。

買い物依存の人はリボ払いが蓄積して返済不能になりがち

買い物依存の人はリボ払いが蓄積して返済不能になりがち

特に買い物依存の方は注意してください。必要以上に買い込んでしまったり、ブランド物を多く買って気付いたら収入よりも高い金額で一括払いができない。だからリボ払いを使うという流れは非常に危険で、そのまま放置してしまうと自己破産をすることに繋がります。

ご自身が買い物依存になってしまっているかは、以下の記事でわかりますので併せてご覧ください。

多額の支払残高を抱えてしまい、リボ払いを続けてしまっている方は債務整理が必要になる場合が多いです。

債務整理とは、借金のある生活から解放されるための手続きのこと

債務整理とは、借金のある生活から解放されるための手続きのこと

債務整理とは、借金を減額したり支払いに猶予を持たせたりすることにより、借金のある生活から解放されるための手続のことです。債務整理の手続には、①任意整理、②個人再生、③自己破産、という3つの手続があります。

生活費を維持できないなら債務整理をしたほうがいい

生活費を維持できないなら債務整理をしたほうがいい

既に出費がかさみ、リボ地獄に陥ってしまっている方は債務整理をおすすめします。このまま支払いを続けたとしても、手数料の支払いがほとんどで元金が減っていない可能性が非常に高いです。

債務整理を行うことで、本来払うはずだった利息を減らしたり、期間を相談して現実的な返済期間に伸ばすことができる場合があります。あなたのより詳しい状況をお話していただければ、お手伝いできることも増えるかもしれません。

「でも、これ以上お金かけらない…」

そんなあなたに、弊社の無料相談窓口を紹介させてください。あなたの状況を教えていただいた後、債務整理を行い、どれくらいの金額を払わなくて済むようになるのか、どうすることがあなたにとって最も苦しくない方法かを親身になってお話させていただきます。

最終的に依頼料は発生しますが、いま抱えている借金を全額返済(利息含む)した時の金額と、専門家に債務整理を依頼する金額とでは、後者の方がはるかに安い場合があります。

詳しくは以下の記事にて、リボ払いの具体的な金額を記載した上で掲載しています。参考にしていただけると幸いです。

まとめ

無料相談

札幌債務整理相談センターは、これまで数多くの借金問題を解決へと導いてまいりました。おかげさまで「もっと早く相談しておけばよかった」「支払いのことで悩まずに明るく毎日を過ごせるようになりました」という嬉しいお声をいただいております。

買い物依存症によるリボ払いは、自己破産に繋がってしまいます。そうならない為にも、早めの段階で相談していただけると、お役に立てることが多いかと思います。借金から目を背けるのではなく、借金と向き合うほうが、かえって気持ちがラクになることもあります。債務整理をすれば、月々の返済を減らし、お金の心配事を解消できるかもしれません。

実は、膨らんでしまった借金を利息込みで返済するよりも、私たちプロに依頼して利息や元金をカット(減額)したほうが、はるかに合理的なのです。

★費用のことが心配な方はこちらの記事をご覧ください★

借金の自力返済より債務整理を依頼したほうがオトク!?返済額と債務整理費用を比較検討して合理的に判断しよう【札幌債務整理相談センター】

まずはお気軽にご相談ください。無料相談から承っております。

LINEでのご相談も大歓迎!AIによる機械的な返信ではなく、私たちプロが実際にLINEでお返事をいたします

【お問い合わせ情報】

●北海道札幌市中央区大通西4丁目1番地 道銀ビル7階

●営業時間:9~18時

●TEL:0120-050-316

●E-MAIL:info@hk-plaza.co.jp

●お問い合わせフォーム

※LINEでのご予約・ご相談も承っております!詳しくはこちら

司法書士にLINEで無料相談する