札幌債務整理相談センター費用の心配無用!相談のみOK!

受付時間:9:00〜18:00(時間外要相談)0120-050-316

任意売却のポイントとよくある質問まとめ

任意売却のポイントとよくある質問まとめ

任意売却とは住宅ローン借入支払えなくなったときにマイホームをできるだけ有利な条件で売却する方法です。

任意売却を行わない場合は、一般的に、強制的にマイホームを差し押さえられ、「競売」にかけられてしまいます。競売が成立するまでには時間がかかりますし、市場価格よりも低値で買い取りされてしまう可能性が高いため、債務者にはデメリットが多いといえます。

しかし任意売却なら、債務者(住宅ローンが払えなくなった人)と債権者(住宅ローンを回収する人)が双方合意した上で、有利な条件でマイホームを売却することが可能です。住宅ローンや借入が難しくなった方は、差し押さえられる前に、ぜひ一度、任意売却を検討してみてください。

ABOUT ーこの記事を書いた人ー

かぬま ひろみつ
神沼 博充

札幌債務整理相談センターの相談・交渉・書類チェックを担当する司法書士。平成20年頃から債務整理に携わる大ベテラン。借金問題を解決するだけでなく、借金をつくらない暮らしを提案し、相談者と二人三脚で歩むことを心がけている。

本記事は、あくまでも掲載時点における一般的な内容を紹介したものです。本記事を参照し、何らかの選択をした場合に発生する結果については一切責任を負いかねます。個別具体的な事情についてはお近くの司法書士や弁護士等へご相談ください。また本記事に含まれる事例は、弊所でご相談いただいた事案について、本人が特定されないように情報の一部を加工しております。あらかじめご了承ください。

住宅ローンが払えなくなってしまいました。差し押さえられるまでのリミット(期限)はいつまでですか。

住宅ローンを半年ほど滞納すると差し押さえが始まるといわれています。

住宅ローンを数ヶ月滞納していると「期限の利益の喪失通知」といわれる書類が届きます。その意味する内容は「これまでは分割でローンを払う約束だったけど、いますぐ一括でローンを払ってください」という非常に厳しいものです。当然、一括でローンなんて払えるわけがありませんので、その後はすぐに「競売開始決定通知書」が届き、マイホームが差し押さえられることになります。

住宅ローンが払えずに競売が始まると家主はどうすればいいのですか。

住宅の競売が決定した場合、家から立ち退かなければなりません

競売にかけられたマイホームが落札されれば、その時点で立ち退きが決定します。すぐに引っ越しをしなければなりません。立ち退かないでいると、裁判所の執行官がやってきて、強制的に家を立ち退くことになります。しかも売却で得たお金はローンの返済に充てられるため、手元にほとんど資金が残らず「引っ越し費用をまともに工面できない」という状況も考えられます。

精神的にも相当なストレスになりますので、こういった事態を防ぐためにも、「住宅ローンの返済が難しくなりそうだ」「いずれ返済不能に陥ることが目に見えている」「すでに払えなくなっている」という場合はすぐにプロに相談して、任意売却の手続きに入ることをおすすめします。

任意売却はブラックリストに載りますか?

いいえ、任意売却はあくまでも自由意志に基づくマイホームの売却ですのでブラックリストには載りません。

ただし、たとえ任意売却であっても、ローンを滞納するとブラックリストに載ってしまう可能性がありますのでくれぐれもご注意ください。また、差し押さえによる競売はそもそも返済不能であることが原因ですので、こちらのケースもやはりブラックリストは免れません。

いずれにせよ、ブラックリストに載ることを避けるには、「このままでは住宅ローンを払えなくなるかもしれない」という不安を抱いたときから、何かしら手を打つことが大切です。札幌債務整理相談センターでの相談は初回無料で承っております。「今後も住宅ローンを払えるか心配」という方は、まずはお気軽にご相談ください。早めに行動を起こせば、最悪の事態を防ぐことができます。

まとめ

札幌債務整理相談センターは、これまで数多くの借金問題を解決へと導いてまいりました。おかげさまで「もっと早く相談しておけばよかった」「支払いのことで悩まずに明るく毎日を過ごせるようになりました」という嬉しいお声をいただいております。

基本的に借金のお悩みは、早めに解決すればするほど、傷口が浅いうちに解決できる可能性が高まります。

実は、膨らんでしまった借金を利息込みで返済するよりも、私たちプロに依頼して利息や元金をカット(減額)したほうが、はるかに合理的なのです。

まずはお気軽にご相談ください。無料相談から承っております。

LINEでのご相談も大歓迎!AIによる機械的な返信ではなく、私たちプロが実際にLINEでお返事をいたします

【お問い合わせ情報】

●北海道札幌市中央区大通西4丁目1番地 道銀ビル7階
●営業時間:9~18時
●TEL:0120-050-316
●E-MAIL:info@hk-plaza.co.jp
●お問い合わせフォーム
※LINEでのご予約・ご相談も承っております!詳しくは こちら