札幌債務整理相談センター札幌で債務整理、過払金でお悩みの方。まずは無料相談!

受付時間:9:00〜18:00(時間外要相談)0120-050-316

実家暮らしで旅行ショッピングを楽しんでいたらローン地獄に!夜 、副業するも常に返済に追われる毎日…..でもある広告が私を救っ てくれました!

旅行やショッピングといった些細な出費でも積み重なると大きな負債となり、ローン地獄に陥る可能性を秘めています。

今回は、独身生活を満喫していたAさんに訪れた危機と、そこに差し伸べられた救いについて紹介します。

 

旅行にショッピング、優雅な毎日に差した影

 

Aさんは、20代の契約社員。

実家暮らしの独身なので、お給料は自分のために使うことができます。

特別な事情がなければ、十分お給料の範囲内で生活ができる上に貯金も可能な立場でしょう。

そんな油断から魔が差したのか、Aさんは旅行やショッピングを重ね、1回払いができなくなると、お店の勧めるまま、リボ払いに。

そのままショッピングと旅行をやめることをしなかったため、リボ払いの毎月の支払額が毎月のお給料では支払えなくなり、ついにはカードローンで借り入れをして支払いにあてるようになりました。

 

Aさんのお給料と生活に必要な出費から考えると、ひとつひとつの返済は容易な金額です。

しかし、複数のカードを使用していたことから、そのささやかな金額がいつの間にか積み重なり、450万円という金額。

カードローンでも借り入れができなくなるほど負債額が膨れ上がって、初めてAさんは自分のピンチに気づきました。

 

いくら実家暮らしの独身でも、450万円という額を返済するのは無理かも、「自己破産?」という文字がAさんの頭をよぎります。

 

ネット検索でみた債務整理無料相談へ

 

返済につまずいたAさんに、やがて催促の電話が来るようになります。
両親と一緒に暮らしている家へも督促状が届くようになります。

同居している両親に借金のことを知られたくないAさんは焦りました。

返済のために夜の副業を始めますが、すぐに返せる額ではありません。

常に借金のことが頭にちらつき、夜も眠れないようになってしまいます。

 

そんな時、Aさんはネット検索でみた広告で「債務整理無料相談」の存在を知りました。

藁にもすがる思いで詳細を調べ、実際に何社か窓口へ出向いて相談しました。

そして、その中で一番親身に対応してくれた司法書士に勧められた「任意整理」をすることに決めたのです。

 

専門家がついているという安心感

 

「任意整理」を依頼された司法書士は、利息分のカットや過払金の計算などをし、Aさんのための今後の返済計画を立てます。

「任意整理」の手続きを始めて、一番うれしかったことは

カード会社からの督促が来なくなったこと

とAさんは言います。

ブラックリストに記録が残ってしまうので5年間はクレジットカードが作れないというデメリットはありますが、Aさんにとってはそれを上回るメリットがありました。

現在Aさんは「月々の催促の電話や催促の手紙が来ない」ばかりでなく、

「任意整理」をしたことで気持ちが楽になり、

きちんと返せることと、きちんとした専門家がそばにいることが何よりもの救いです。
まだ後4年ありますが、頑張って返済しようと思えます

と、返済に対して前向きな気持ちを持てるようになったことも大きいでしょう。
借金完済の目処が立ったため、夜の仕事も辞めることができました。

 

Aさんにとっては、ブラックリストに伴うデメリットよりも、督促が来なくなり家族にバレない、そして専門家がついているという安心感の方がとても大きかった結果だと言えると思います。

 

札幌債務整理センターからリボ払いの怖さについて説明します

 

リボ払いは一見すると、月額が抑えられていますので、支払いしやすい方法と言えます。

一方で問題点が三つあります。

一つ目は、「元金が減らない」ということです。
これは、よくよく返済状況を見てみればわかることなのですが、リボ払いで払っている月額のうち、元金に充当されている部分は、実は半分以下であることが非常に多いです。言い換えれば毎月払っている返済額の半分以上が利息にあたるのでいつまでも延々と利息を払い続けることになります。

 

二つ目は「金利が高い」ことです。
一般論として消費者金融(サラ金)は利息が高いというのは何となく理解している方が多いのですが、実はクレジットカードのリボ払いも同じくらい高い場合が多いです。そのため、返す総額が本来利用したはずの元金の二倍以上返している方もいらっしゃいます。

 

三つめが「使いすぎてしまうことが多い」ことです。
理屈では借金とわかっていても、一度リボ払いで支払う癖がついてしまうとなかなか抜け出せなくなります。そして、いつしかリボ払いの返済が厳しくなってしまい、多重債務に陥っていってしまいます。

 

支払に困ったときの司法書士からのアドバイス

リボ払いや支払い繰り延べをする場合は、残債務の全部を返済できる宛があるかを検討してください。

毎月の約定弁済額も支払えない場合は、何をしても決定的な効果は得られないでしょうから、速やかに専門家にご相談ください。

当事務所では、既に返済不能状態な方だけではなく、

今後厳しくなりそう」や
親族にまとまったお金を融通してもらえたけど、どこにどのように充てて再建したらよいかわからない

などアドバイスのみで終わるご相談も積極的に無料相談の段階でお受けしております。

 

クレジットカードの支払いを消費者金融やカードローンを考えている方!今すぐご相談ください!

リボ払いの金額が大きくなって払えない!!カードローンでしのごうか…..

ちょっと待ってください!!

ショッピングのリボ払いは、債務整理できるんです!
負債額を増やす前に、ぜひ当センターの紹介無料相談をご利用ください!

 

札幌債務整理センター初回無料相談

時間外でもご相談に応じますので、遠慮なくお問合せください!

☎ 0120-050-316 (平日:9:00-18:00)