札幌債務整理相談センター札幌で債務整理、過払金でお悩みの方。まずは無料相談!

受付時間:9:00〜18:00(時間外要相談)0120-050-316

任意整理との違い・特定調停の手続の流れ

■任意整理との違い

任意整理は司法書士が債権者と交渉を行いますが、裁判所を介しません。
特定調停は裁判所が債務整理案を作成していくことになります。
また、調停成立後の調書は確定判決と同じ効力があります。

成立後に支払ができなくなると、債権者は訴訟せずに強制執行手続(給与の差し押さえなど)ができます。

あまりに多額な借金の場合、特定調停という手段は難しいこともありえます。
特定調停を選ぶ目安として、利息制限法で引き直し計算をして確定する債務が3年以内に返済できそうかどうか、がポイントになります。

専門知識がなくても申し立ては可能ですので、司法書士に依頼するお金が用意できない人が裁判所の力を借りることが多いようです。

■特定調停の手続きの流れ

1.簡易裁判所に申し立て:この時点で債権者からの取立てはできなくなります
2.裁判所から調停委員を指定:弁護士、有識者が選ばれることが多いようです
3.当事者間で協議:申立人は自身で何度か裁判所に足を運ぶ必要があります
4.調停成立:裁判所の方で調停調書を作成します
5.返済開始:調書に従って、3~5年計画で返済していきます