札幌債務整理相談センター札幌で債務整理、過払金でお悩みの方。まずは無料相談!

受付時間:9:00〜18:00(時間外要相談)0120-050-316

実際に債務整理をしていただいたお客様の声

弊所ではご依頼者様にアンケートをお書き頂いており、その内容を責任者が確認し感想やご指摘を全担当者で共有し,日々の業務に生かしております。

今回は実際にご依頼頂いた方からのアンケートの一部をご紹介します。

事例1:コロナ禍で収入が減り自己破産申立てを行ったAさん

【ご相談から解決の流れ】

30代女性札幌市内。

LINEからお問い合わせいただいたAさんは新型コロナウイルス感染症の流行に伴いご収入が減少。返済困難に陥ってしまい自己破産申立を弊所に頂きました。

【担当司法書士:神沼より】

お褒めのお言葉ありがとうございます。ご依頼者様との信頼関係を作ること、話しやすいと思っていただくことが債務整理を行う上で重要なことだと思っていましたので、本当によかったです。これからもお身体に気を付けて新しい人生をしっかりと歩んでいってください。

事例2:収入が減少し任意整理を行ったBさん

【ご相談から解決の流れ】

40代男性札幌市内。

弊所インターネットを見ての御来所、ありがとうございました。任意整理による問題解決に留まらず、親切な対応、分かりやすい説明といった普段のお心がけをお褒めいただき大変うれしく思います。これからも、お客様に寄り添い少しでも安心して借金問題の解決に取り組んでいただけるよう努めてまいります。この度は誠にありがとうございました。

【担当司法書士:大沼より】

アンケートへのご回答ありがとうございます。本ホームページが信頼できるとご判断いただき大変うれしく思います。これからも借金にお困りの方への情報発信と一人ひとりのご相談に対して真摯にお伺いしたうえでベストな選択肢をお示し、借金で悩む方が居なくなるように全力を尽くして参ります。

事例3:返済不能に陥りそうな状況から任意整理を行ったCさん

【ご相談から解決の流れ】

30代女性市外。

弊所のホームページをご覧頂き、お電話でお問い合わせいただいたCさんは、返済能力を上回る借入れをしてしまい、自力で返済していくことが難しいと考えておりました。

ただし、債務整理を検討するにあたり不安な点も多かったため、まずはお電話で詳細をお伺いしたうえでご来所頂き、任意整理で解決していくことに決めました。

債務額が多かったことから交渉は難航しましたが、Cさんの状況を債権者に粘り強く交渉し無事全ての債権者と和解し、現在返済を継続しています。

【担当事務:原より】

名前をあげてのお褒めのお言葉ありがとうございます。弊所ではLINE、お問い合わせフォーム(メール)、お電話の三通りでご対応していますが,、どのような方法でご相談いただいた場合でも最初のコンタクトをとるのは大変緊張されるものと思います。

私も引っ込み思案で人見知りなので、何かの相談・問い合わせをするのは腰が重いほうですので、「ご相談者様が私ならどう思うのか」「どう対応すれば問題に立ち向かっていこうと思えるのか」を常に考えています。

残念ながら案件によっては弊所でお受けできないようなものもあるのですが、そういった場合でも「受けられません」ではなくて「どこに相談すべきか」「何をすべきか」をお示しできるように努めています。

Cさんは現在返済中ですが、完済までしっかりお供しますので、何かあればご連絡ください。引き続きよろしくお願い致します。