札幌債務整理相談センター札幌で債務整理、過払金でお悩みの方。まずは無料相談!

受付時間:9:00〜18:00(時間外要相談)0120-050-316

【プロ解説】50代の貯金と借金の平均は?退職後に借金問題を持ち越さないようにするべき理由とは?

50代の貯金と借金の平均は?退職後に借金問題を持ち越さないようにするべき理由とは?

一般的に50代の方(世帯)は老後の人生設計を検討することが多いと思います。

お子さまがおられる世帯では、子育てを「卒業」し、ご自身のお仕事もある程度目途がつき、次のステップを考え始めるころです。

しかし、50代の方のなかには多くの借金を抱え、お金に困っている人も決して少なくはないのです。貯金がほとんどなく借金ばかりで老後が不安になってしまいますよね……。

そこで今回は、50代の最新貯金事情や借金が増えてしまう原因などを徹底解説します!

50代の借金でお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

⇒自分と似た境遇の人たちの解決事例をみてみる

ABOUT ーこの記事を書いた人ー

はら たかふみ
原 隆史

札幌債務整理相談センターのファイナンシャルプランナー。お金のプロとしてお客様に寄り添い、家計の見直しをアドバイスしている。

POINT ーこの記事のまとめー
  • 50代(2人以上の世帯)の平均貯金額は1703万円、平均負債額は699万円
  • 若い頃からの借金癖がついている人もいる
  • 想定していたよりも収入が上がらなかった人が多い
  • 住宅ローン以外の債務を退職金で返すのは難しくなるかもしれない
  • 司法書士に無料相談すれば自助努力の方法を見出すことができる

50代の最新・貯金事情とは

50代の最新・貯金事情とは

総務省統計局の2020年家計調査報告によると、50代(2人以上の世帯)の平均貯金額は1703万円、平均負債額は699万円という日本の現状が明るみになっています。

 平均負債額は住宅ローンや車のローンの残高にあたるでしょう。

最近は一概に言えないケースもありますが、多くの場合は年齢が上がるごとに平均年収は上がり、平均負債額は住宅ローンの返済が進むことから圧倒的に減るので、比較的金銭面で余裕があるという印象を受けます。

しかし、こちらのデータはあくまで平均です。世の中にあるローンの中で、個人単位で借入れるローンで最も高額なのは住宅ローンですから、平均負債額が年を追うごとに減少の一途をたどることは当たり前の話ではあります。

人によっては負債を更に抱えゆとりのある生活を送れないでいる50代も少なくないのです。

そして、50代で負債により家計が圧迫されている状況は放置すると、その後の生活に多大な影響を及ぼす恐れがあります。

50代で借金が増える理由とは

50代で借金が増える理由とは

要因は人によって様々ですが,当事務所で50代以上の方の債務整理をされた方については以下のような要因がありました。

当初想定していたよりも収入が上がらなかった

バブル崩壊やリーマンショックという急激な景気の悪化を経ているので、最近はあまり聞かなくなりましたが、主に「住宅ローンを組んだ数十年前に想定していた収入よりも収入が上がらなかったのでローンの返済に窮した」という方がおりました。

年収増を見込んでのステップアップ(一定期間の返済額を少なめにして、ある時点から返済額を増額するもの)を組んでしまい、返済額が増えた段階で返済に窮するというケースもあります。

この問題は、単に住宅ローンに限った話ではなく、子供の進学資金など他の場面でも影響しています。

また、逆に会社の体制が変わってしまい、いわゆる年功序列型が崩壊し収入が下がってしまう方もいます。

子どもの教育資金が思いのほかかかってしまう

大学全入時代(私立大学の増加に伴い大学進学を希望する者よりも間口の方が多い状態)と言われていますが、国公立や有名私立に入学するにはまだまだ受験戦争を戦わなくてはいけません。

そして、受験戦争に勝ち抜くためには一般的に「予備校」や「塾」に通い、何度も模試を受験し、参考書もたくさん買わねばなりません。

そうすると、単純な「学費」だけではなく学費を払うようになる段階に至るまでに多額の費用が発生します。

そのあたりを想定しきれない方もおられます(進学した際には奨学金という制度もありますが、奨学金の問題についてはまた別途ご紹介します)。

若いころからの借金癖が抜けない、無担保ローンが家計を圧迫している

無担保ローン(本項では「消費者金融」や「銀行」のカードローン、無担保の証書貸付、クレジットカード、ショッピングローンを総称します)で借入れを若いころにされていた方は、借りては返すという自転車操業を繰り返しつつ、年を重ねてきておられる方もいます。

このケースは非常に問題で、多くの場合「いつか収入が上がったら、或いはボーナスが出たら返そう」が「退職金で返そう」に置き換わってしまい、長期スパンで債務が増えていってしまっています。

無担保ローンの業者からすれば、年収もそこそこありちゃんと返してくれる「お得意様」ですから、借入限度額の増枠を積極的に勧奨してくることも多く、結果的に債務が膨れ上がってしまいます。

この場合、仮に退職金が後々支給されたとしても、退職金の相当な額が無担保ローンの返済に回ってしまい、その後の生活に悪影響を及ぼします。

また、これまでは退職前の収入+借入れによって生活を成り立たせていたので生活水準を大幅に落とさないと生活が成り立たないのですが、一度身についた生活習慣を変えるのは想像以上に厳しいことから、再び借入れに手を染めてしまい、最悪の場合老後に自己破産せざるをえなくなるケースがあります。

その際に自宅を持っている場合、手放さなくてはならなくなり、大変なご負担になります。

50代で借金を放置していると……?

50代で借金を放置していると……?

前述した通り、退職金で全てのローンの支払いを終えて「プラスマイナスゼロ」にできれば、とりあえずその後借金を返す必要はなくなります。

但し、これまでは収入は上がっていくことが想定し得る状況とは異なるため、生活が非常に厳しいものになってしまいます。

国の方針としては「定年年齢延長」や「定年再雇用」など、従来の定年年齢以降も働けるような世の中にはなっていますが、結局のところその前と後では収入が大きく変わるケースも多いため、こと本項で述べる問題の本質はあまり変わりません。

住宅ローンについては、その後の住居費を考慮すれば退職金で完済してしまうメリットはあると思いますが、住宅ローン以外の債務を退職金で返そうという発想については今一度考えてみる必要があります。

50代で借金に悩んでいるならまずは「プロ」に相談しよう!

50代で借金に悩んでいるならまずは「プロ」に相談しよう!

50代で借金を抱えていると、定年退職後にも大きく影響を及ぼします。本項で述べたケースに該当する方は、一度プロに相談するのがベストと言えるでしょう。

そんなとき司法書士に相談することをオススメします。

司法書士は借金問題のプロフェッショナルなので、困ったときは無料相談を活用して今度について的確なアドバイスをしてくれます。

当事務所では、無料相談で今後の借金解消に向けたベストな方法をご提案することを心がけています。

本来的には我々が何らかの業務を受任しないで解決できるのが一番良いと思うので、自助努力で解決が可能と思う場合には方法をアドバイスしてお持ち帰り頂いています。

【50代で借金に悩む人がプロに相談するメリット

①最初は無料で相談できるからお金の心配がいらない
②借金の問題をプロに聞いてもらうことで安心できる
自己破産しない方法を見つけることができる
④月々の返済額を減らして生活がしやすくなる
⑤お金のことで悩まなくて済むようになる

⇒「借金問題を解決して老後資金を貯めたい」という方はお気軽に無料相談を!

今回は、50代の借金事情について紹介してきました。

北海道札幌市の大通りにある札幌債務整理相談センターは、50代で借金にお悩みの方の問題をスピーディーに解決する司法書士のプロ集団。おかげさまで多くのお客様に「相談してよかった」「もっと早く相談したかった」という嬉しいお声をいただいております。

⇒自分と似た境遇の人たちの解決事例をみてみる

まずは無料相談から承っております!「悩み事をプロに聞いてもらう」というつもりで、お気軽にお問い合わせください!

【お問い合わせ情報】