札幌で債務整理、過払い金のご相談なら司法書士法人第一事務所へ

強制執行とは

 訴訟の結果に基づく確定判決や和解調書、仮執行宣言付支払督促などの債務名義により、債務の返済などに応じない債務者の不動産や預金等の財産を差押え、裁判所を通して強制的に換価したり、直接取立てたりする事で満足を得る手続の事です。

 過払いの問題に置き換えると、主に業者の預金口座に対して行うことが多く、訴訟の結果、過払金を返還せよとの判決が確定したにも関わらず、その返還に応じない場合に、相手方業者の預金口座を差押えることで、その口座に入っているお金を銀行から直接取り立てたり、また複数の方がその業者の口座を差押えている場合には、各債権者の債権額に応じて裁判所による配当続がなされることになります。



メリット・デメリット