札幌で債務整理、過払い金のご相談なら司法書士法人第一事務所へ

任意売却と競売の違い


競売入札の場合、買主にとっていろいろな不安要因があるため、あまり高い値段が提示されません。
そのため、一般的に競売よりも任意売却の方が、売却価格が高くなると言われています
その結果、残債務は競売よりも任意売却の方が少なくなります。

また、競売で物件が処分された場合、速やかに物件から退去しなければなりませんが、任意売却の場合、誰が購入するか、自分はいつ移転先を探して契約をして、引越しをして、物件の引渡しをするのか、という一連のスケジュールが分かる上、引越に必要な代金を求めることも、ある程度可能なため、競売に比べ優位な条件であるともいえます

それに加えて、債権者との残債の返済額及び、返済方法も明確になってくるという点も、競売との大きな違いです。