札幌で債務整理、過払い金のご相談なら司法書士法人第一事務所へ

特定調停をお考えの方に

 貸金業者の借入金額を減額して和解をするという手続は、
 任意整理と似た部分があります。
 ただし、裁判所が間に入って調停を進めることになるため、
 個人で申し立て、裁判所の仲裁で貸金業者と和解をする
 ことができるのです。

ですが、素人の方が貸金業者と和解交渉を進めるのは危険であり、私ども司法書士や弁護士が間に入るケースが大半です。

特定調停は、専門家に支払う費用が出せない方が選ぶことが多いようです。

また、複数の債権者をまとめて申し立てられますので、任意整理のように1社1社和解を取り付けるといった手間は発生しません。

特定調停

  • 特定調停とは
  • 任意整理との違い
  • メリット、デメリット
  • 特定調停の流れ