札幌で債務整理、過払い金のご相談なら司法書士法人第一事務所へ

個人再生の手続の流れ


1. 裁判所に申し立て:この時点で債権者からの取立てが止まります
2. 再生手続開始が決まる:要件を満たし、書類不備がなければ手続開始が決定します
3. 債権額の決定:債権額が異なっている場合、異議を述べることができます
4. 再生計画案の作成:今後の支払方法を再生計画案に定めます
5. 書面決議、意見聴取:給与取得者等再生手続の場合、書面決議はありません
6. 再生計画の認可:裁判所が認可し、確定することにより手続が終わります
7. 返済の開始:再生計画案に則って、債権者へ返済を開始します

個人再生に掛かる費用


個人再生は、申し立て手数料が10,000円余納金が12,000円かかり、債務整理の中で費用が最もかかります
裁判所によっては個人再生委員を選任することがあり、その報酬は約20万円です(事前に問合せておきましょう)
また、手続としての難易度が高いため司法書士に依頼することも多く、その場合は報酬がかかります。