札幌で債務整理、過払い金のご相談なら司法書士法人第一事務所へ

借金の時効について

借金にも「時効」があります。つまり、最後の取引から一定の期間が経過すると消滅時効により、借金を返さなくてもよくなる可能性があります。  

金融機関や個人など債権者(貸し手)が一定の期間、債権を行使せずに放っておいた場合、その債権を消滅させてしまうことが出来るのです。

借金の内容や貸し手によって時効年数が異なります

金融機関や個人など債権者(貸し手)が一定の期間、債権を行使せずに放っておいた場合、その債権を消滅させてしまうことが出来るのです。     

借金の内容や貸し手によって時効年数が異なります。    


銀行などの金融機関、信販・消費者金融などからの場合

      5年

友人や知人、親などの「個人」間での借入れの場合

     10年

 

時効の援用について

単に時効期間が過ぎれば自動的に返済しなくてよくなるわけではなく、「時効の援用」をしなければなりません。 

「時効の援用」とは、時効期間の経過により、返済をしないという主張を債権者(貸し手)に対して通知することで借金を無くす手続きです。 

時効かもしれないと思ったら早めに当事務所にご相談ください。


借金の時効に関する費用(消滅時効援用) 

1件あたり : 28,000円(税抜き)

例え、時効援用が認められない場合でも追加料金なしでそのまま任意整理を行うことが可能ですので、
「裁判を起こされているかどうかわからない」
「以前、支払うと言ってしまったかも・・・」
という方も安心です。

時効が成立していない場合があります(時効の中断について)


自分では時効の期間が過ぎていると思っても、時効中断(時効期間のリセット)があると、時効が成立していない可能性があります。時効が中断してしまう理由として、

1.債務の承認


債権者からの督促などによって、借金があることを認めて返済してしまうと時効の利益を放棄したとみなされ、時効が中断されてしまいます。債権者(貸し手)から「1000円でもいいので返済して下さい・・・」と言われますが、債権者は時効の中断を狙っているのです。

 

2.請求


債権者(貸し手)が裁判所に申立てをし、債務者(借り手)に返済してくれと、訴訟や支払督促という形で裁判上の請求をしてきた場合や調停等で裁判所に出頭して和解をした場合。

破産手続、再生手続、更正手続への参加をして債権の届出等を行った場合

債権者(貸し手)が債務者(借り手)に返済をしてほしいとの催告をした場合(ただし、催告から6ヶ月以内に訴訟、支払督促、和解調停等の申立、差押え、仮差押え、仮処分、破産手続、再生手続、更正手続への参加をしないと時効の中断はしません)


3.差押え、仮差押え、仮処分


給料の差押えをされたような場合には時効は中断します。

時効の援用についての説明動画


消滅時効①




消滅時効②


債権者(貸し手)から督促が来た場合には一度ご相談ください

時効直前に債権者から督促が来ている場合でも、「逃げ切ってやる」とそのまま放置している方もいるかもしれませんが、時効が成立するまでの期間、色々な不利益や不自由を被ることになります。

また、貸金業者は様々な手法であなたに対して借金返済をさせる方法でアプローチをしてきますので、安易に逃れることは出来ません。

さらに、場合によっては過払い金が発生していて、逆に払いすぎた利息が戻ってくるケースもありますので、まずは一度当事務所にご相談ください。

時効の援用が適応できるか、過払い金が発生していないかなどを総合的に判断し、最適なご提案をさせていただきます。

時効援用事例

過去に当事務所で取り扱った、時効援用のお客様事例の一部をご紹介します。 

 

A様の事例

債権者

ご依頼前(元金)

ご依頼後(元金)

M社

137,213

0

N社

354,765

0

A社

420,444

0

S社

865,341

0

1,777,763

0

4社から合計1,777,763円の督促を受けている状態でのご依頼でした。
当事務所を調査したところ、いずれも最後の返済を行ってから5年以上を経過していました。内容証明郵便で時効の援用を行ったところ、いずれの債権者についても中断事由は存在せず、無事消滅時効が成立し、借金を支払わなくて良くなりました。

ここがポイント☝
  • 貸金業者からの借入れの時効期間は、原則として5年。

  • 時効で借金を支払わなくて良くするためには、「時効の援用」が必要。

 

B様の事例

債権者

ご依頼前(元金)

ご依頼後(元金)

N社

130,511

130,511

J社

94,640

0

A社

189,746

0

N社

377,740

0

792,637

130,511

4社から合計792,637円の督促を受けている状態でのご依頼でした。3社については時効期間が経過しており、時効の中断事由のもなかったため時効が成立しました。しかし、1社については、当事務所に来所される前にご本人様が債権者とのやり取りされる中で、債務の承認をしてしまっていました。ご本人様にいくらか預金がありましたので、当事務所で元金を一括返済することで交渉し、和解が成立しました。(借金の支払いをしなくなってから5年以上が経過していたので、高額の遅延損害金が発生していましたが、交渉の結果、遅延損害金は全額カットを受けることが出来ました。)時効期間が経過していたとしても、債権者からの電話等で債務の存在を認めたり、分割払いの交渉をしたりしてしまうと、時効の援用をすることが出来なくなりますので、注意が必要です。 

ここがポイント☝

  • 時効期間経過後でも債務の存在を認めたり、債務の存在を前提とする内容のやり取り(分割払い交渉等)をしてしまうと、それ以降時効の援用が出来なくなってしまう可能性がある。

C様の事例

債権者

ご依頼前(元金)

ご依頼後(元金)

A

187,675

0

187,675

0

1社から187,675円の督促を受けている状態でのご来所でした。当事務所で調査をしたところ、支払いをしなくなってから5年を経過する前に業者から裁判を起こされて借金を支払うように命じる判決を取られており、時効が中断していました。しかし、判決を取られたのが10年以上前であったので、再度時効期間が経過していたため、時効の援用を行ったところ、判決を取られた以降に時効の中断事由は存在せず、無事時効が成立し、借金を支払わなくて良くなりました。

ここがポイント☝

  • 裁判を起こされ判決を取られると時効が中断し、時効期間が10年に伸びてしまう。

  •  判決を取られても、その後中断事由無しに10年が経過すれば再度時効が成立する。

 

お客様の声

時効援用に関するお客様の声です。

 

A様

インターネットで知りました。北海道在住であったため近くの事務所が良いと思い相談した次第です。わからないことをくわしく教えていただき、又、相談事にも親身になって頂きました。このたびこちらで相談させて頂き問題を解決して頂き、気持ちも身体もとても楽になり、感謝の気持ちしかございません。本当にありがとうございました。

 


B様

わかりやすく説明して頂きました。感じのよい接客でした。何かありましたら、又、よろしくお願いします。

 

事務所本体サイトはこちら
遺産相続サポートプラザはこちら
対応エリアは北海道全域